21世紀に必要なプログラミングの基礎を、「なでしこ」という日本語プログラミング言語を使って教えます。

例えば

「メモ記入して文字数を表示。」

と書くだけで、メモ帳を表示して、決定ボタンを押したら文字数を数えることができてしまいます。

細かいことはコンピュータに任せて、プログラマーはやらせたり作業の流れに集中してプログラミングができます。

たった10行で実際に役に立つプログラムが書けます。

私は、生徒が到着した時刻を知らせるプログラムを作りました。

一部変えてありますが、こんな感じです。

#○○さん専用
#--- メール送信処理 ---
「到着時刻は?」と尋ねて到着時刻に代入
#デバッグ
メール差出人は『hogehoge@gmail.com』
メール宛先は『xxxxxxx@gmail.com』
メール件名は『○○さんは寺子屋に到着しました』
メール本文は到着時刻&『にお迎え完了いたしましたので、お知らせします。

メール本文を言う
『hogehogea@gmail.com』の『Password』でGMAIL送信
終わり

いかがですか?簡単でしょう。

実際にパソコンで動かして、手直し=デバッグしながらプログラミングとはなんぞやを学びます。

興味のある方はアクセスのフォームからお問い合わせください。