かつて、低学年の頃に寺子屋に通って、隠れた数のある算数プリントを解いていた生徒が、今年中学受験して、首都圏の最難関校に複数合格したそうです。

3年生の時に4,5年生が解くプリントを一緒に解いて、正解していましたからその結果も納得です。

その子も、プリントをやり出した1年生の当初は、計算は早いものの答えが違っていたり、苦労していた のですが。

問題文をしっかり読むようになって、正解できるようになりましたね。

問題文の読解力が学力の決め手になります。
ILLI057